So-net無料ブログ作成

けらば金具取り付け [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

RIMG2216.JPG

RIMG2212.JPG
すでに取り付けられているケラバトップの北側金具に東側金具をポップリベットで合体して取り付ける。

RIMG2213.JPG
北側ケラバ金具は下から上に接続していきましたが、東側金具は逆に上から下に接続していきます。

RIMG2214.JPG
当て木をして、叩き込むように押し上げて挿入していく

RIMG2218.JPG
最後にケラバエンドの金具を取り付けたらケラバ金具の取り付けは完了

RIMG2220.JPG
早速、シングル屋根材の張り込みを再開します。

RIMG2226.JPG

RIMG2227.JPG
なんとかここまで張り上げました。

いよいよ最後の関門、天窓周辺のシングル張りにかかります。
nice!(18)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

天窓の水切り金具を再組み立て [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

天窓撤去作業の際も水切り金具は再利用するつもりだったので慎重に分解したのですが、最後は力業に近くなったので、アルミ製の金具はかなり変形してしまいました。

昨日は一日中雨で屋根上の作業ができなかったので、この機会に天窓の水きり金具をじっくり矯正して、ヒートガンで炙ってブチルの残滓を削ぎとっておきました。

RIMG2197.JPG
空模様はまだ怪しいですが、陽がさしてきたので、今日は現場合わせで組み立てていくことにします。

RIMG2172.JPG
点検するとタディスの立ち上げ部分の接着が甘いので

RIMG2199.JPG
周囲をブチルテープで巻いて密着させて

RIMG2200.JPG
金具を窓枠に押し付けて矯正しながら仮組みしていく

RIMG2201.JPG
ところが、天窓上部の水切りの突起の高さがどういうわけか高すぎて、はぜをかしめることができない。
元の形に戻らないくらいに酷く歪めてしまったのだろうか~

RIMG2204.JPG
原因はよくわからないが、仕方ないので、現状に合わせてはぜの位置を作り変えて何とか収めることにします。

RIMG2205.JPG
実際シングルを張り込むと、シングルの重ね合わせの位置によっては水きり金具を手を加える必要も出てきそうなので、天窓の水きり金具はシングルを張るまでコーキングをしないで、一応仮付けのまま取り付けておくことにして、この作業は一端終了にします。

上方向にシングルを張り上げるには,けらば金具の取り付けが必用になりますが、けらば金具を取り付けてしまうと防雨のブルーシートを固定できなくなるので、その前にタディスを張り残してあった作業スペースもすべてタディスを張って雨対策をしておくことにします。

RIMG2207.JPG
ぽちぽちと雨が降りはじめましたが、間一髪、タディス張り完了です!

次は天候を見ながら、けらば金具取り付けの機会を狙います。


今日の記事のご感想はいかがですか
nice!(14)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ブチル・アルミテープ(アルミ屋根の防水) [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

屋根を半分ずつ完成せる方法を取ったので、これからは同じ作業の繰り返しで、そのままレポートしても退屈な話になりますので、初体験の作業に絞ってレポートしていくことにしようと思います。

RIMG2180.JPG
75mm幅のブチル接着アルミテープを使ってアルミ板で作られた雪割り小屋掛けの防水の仕上げをすることにします。

RIMG2113.JPG
タディスシートの立ち上げ部分が長期にわたって水密機能を維持できる保障はないので

RIMG2192.JPG

RIMG2193.JPG
上からブチルアルミテープを張って防水仕上げとします。
重ね張りできるので将来のメンテナンスも楽なはずです。

RIMG2184.JPG
密着力に自信を得たので煙突下部のタディス立ち上げ部分にも応用することにします。

RIMG2188.JPG
下地の形に密着させて水密を補強する。

RIMG2195.JPG
シングル屋根材をブチル・アルミテープの際まで張り込みます。

RIMG2196.JPG
際の部分をコーキング剤で埋めると防水完成です。


今日に記事のご感想はいかがですか
nice!(22)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

南側屋根のシングル貼り開始 [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

RIMG2154.JPG
煙突の西側屋根は、一枚の防雨シートでか囲われていて、ほかの部分に関係なく作業できるので、まずここからシングル屋根材を張っていくことにします。

RIMG2156.JPG
水切り金具をタディスの下に挿入して接合していきます。

RIMG2160.JPG
ステンスクリュー釘で止めた金具にシングルセメントを筋状に乗せて

RIMG2163.JPG
タディスを圧着した後、シングルのスターター材をシングル釘で取り付ける。

RIMG2167.JPG
足場を有効に使って、ダクトエンド周りのシングル張りから張り進めます。

RIMG2168.JPG
足場の移動、設置に時間をとられたが、シングル張り初日はここまで張り進んだ。

翌日
午前中は歯の治療で歯医者に行き、

RIMG2177.JPG
午後から足場を東側に移動して煙突東側の軒先にも水切り金具を取り付け、オークリッジシングルを貼る。

職種が次々変わると、気持ちばかりが空回りして、なかなか調子が出ません。

実は、シングル張りに専念する前にやらなければならない作業がまだ残っています。

それは次回に・・・・・・


今日の記事のご感想はいかがでしたか
nice!(19)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

天窓周りの防水作業 [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

願ってもない穏やかな好天になり
最後の関門になった天窓の防水作業にかかります。

RIMG2120.JPG
天窓の下を今後の作業スペースとして残し、屋根上部からタディスを貼り下がってきました。
心置きなく窓周りを攻める作戦です。

(1)排水樋周辺の防水

RIMG2065.JPG
天窓の両側には水切り金具の樋を入れるため20mmの深さの溝があります。
水切り金具を外す際、金具を歪めてしまったので念のため下地をブチルテープで防水することにしました。

RIMG2130.JPG
箱状に切れ目なくブチルテープを張るために、100mm幅のブチルテープの剥離紙に切れ目を入れ準備して

RIMG2133.JPG
溝の片側を埋めます。

RIMG2134.JPG
残る片側を貼り、底面を50mm重ねて箱状のスロープを作って防水する。

RIMG2135.JPG
周囲をブチルテープで上手く防水対策できたので、引き続き周囲にタディス・ルーフを敷き込むことにします。


2)天窓周辺のタディス張り込み

RIMG2146.JPG
左側

RIMG2172.JPG
右側

だんだん上手くなって、樋の中まで綺麗に張り込んでしまいました。
ちょっとやりすぎたかな

RIMG2174.JPG
ケラバ側のタディスが繋がったtので、上り木を取り付けてケラバ金具の取り付け準備をします。


明日からは天窓の下のスペースを作業場として使用して、オークリッジシングル屋根材を張っていくことにします。


今日に記事のご感想はいかがですか

nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。