So-net無料ブログ作成

南側屋根のシングル貼り開始 [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

RIMG2154.JPG
煙突の西側屋根は、一枚の防雨シートでか囲われていて、ほかの部分に関係なく作業できるので、まずここからシングル屋根材を張っていくことにします。

RIMG2156.JPG
水切り金具をタディスの下に挿入して接合していきます。

RIMG2160.JPG
ステンスクリュー釘で止めた金具にシングルセメントを筋状に乗せて

RIMG2163.JPG
タディスを圧着した後、シングルのスターター材をシングル釘で取り付ける。

RIMG2167.JPG
足場を有効に使って、ダクトエンド周りのシングル張りから張り進めます。

RIMG2168.JPG
足場の移動、設置に時間をとられたが、シングル張り初日はここまで張り進んだ。

翌日
午前中は歯の治療で歯医者に行き、

RIMG2177.JPG
午後から足場を東側に移動して煙突東側の軒先にも水切り金具を取り付け、オークリッジシングルを貼る。

職種が次々変わると、気持ちばかりが空回りして、なかなか調子が出ません。

実は、シングル張りに専念する前にやらなければならない作業がまだ残っています。

それは次回に・・・・・・


今日の記事のご感想はいかがでしたか
nice!(19)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

天窓周りの防水作業 [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

願ってもない穏やかな好天になり
最後の関門になった天窓の防水作業にかかります。

RIMG2120.JPG
天窓の下を今後の作業スペースとして残し、屋根上部からタディスを貼り下がってきました。
心置きなく窓周りを攻める作戦です。

(1)排水樋周辺の防水

RIMG2065.JPG
天窓の両側には水切り金具の樋を入れるため20mmの深さの溝があります。
水切り金具を外す際、金具を歪めてしまったので念のため下地をブチルテープで防水することにしました。

RIMG2130.JPG
箱状に切れ目なくブチルテープを張るために、100mm幅のブチルテープの剥離紙に切れ目を入れ準備して

RIMG2133.JPG
溝の片側を埋めます。

RIMG2134.JPG
残る片側を貼り、底面を50mm重ねて箱状のスロープを作って防水する。

RIMG2135.JPG
周囲をブチルテープで上手く防水対策できたので、引き続き周囲にタディス・ルーフを敷き込むことにします。


2)天窓周辺のタディス張り込み

RIMG2146.JPG
左側

RIMG2172.JPG
右側

だんだん上手くなって、樋の中まで綺麗に張り込んでしまいました。
ちょっとやりすぎたかな

RIMG2174.JPG
ケラバ側のタディスが繋がったtので、上り木を取り付けてケラバ金具の取り付け準備をします。


明日からは天窓の下のスペースを作業場として使用して、オークリッジシングル屋根材を張っていくことにします。


今日に記事のご感想はいかがですか

nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:住宅

煙突周辺にタディス・ルーフを貼る [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

RIMG2080.JPG
ついにラストの合板を取り付けました。
私にとっては、体力的に一番きつかった合板張が終わり、あとはルーフィングとシングル張りになりました。

RIMG2086.JPG
通気ダクトダクトの東壁材を固定した後は、問題の煙突周りの防水シート張りに取り掛かります。

RIMG2088.JPG
正面の立ち上がり分が十分でないので、タイルを一段取り除き

RIMG2091.JPG
煙突周囲の立ち上がり部分まで、タディス・ルーフを敷き込む

RIMG2099.JPG
両脇の立ち上がり部分もタディス・ルーフを奥まで挿入して立ち上がりを作る。
夕方になると気温が急に低くなってきて、タディスの接着力が落ちてきました。

RIMG2102.JPG
雪割の裾部分も立ち上げて張る。

台風接近の余波で次第に風が強くなり、ここでタディス張りを断念せざるを得なくなりました。
北から冷気が引き込まれる関係で、震える寒さです。

翌日

RIMG2110.JPG
気温は依然低いですが風が収まってきたので雪割り小屋裾の作業続行です。

RIMG2112.JPG
要所をヒートガンで炙って密着させます。

RIMG2113.JPG
これでようやく煙突周りのタディス張りをクリヤーしました。

残る課題は、天窓周辺になりました。


今日の記事のご感想はいかがですか
nice!(17)  コメント(10) 
共通テーマ:住宅

合板敷き込み(ラス前) [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

RIMG2054.JPG
煙突周りの造作に手間取りましたが、それをクリヤーした後は順調に作業は進み、今日の午前中には天窓の脇まで合板の張り込みが出来ました。
15mmの合板を張ると、窓枠の両側に20mmの深さの水きり金具の樋を収めるスペースが確保されます。
いい感じです。

RIMG2059.JPG
計算では、後2枚の合板を上げるとウインチはお役目御免となる予定です。

RIMG2058.JPG
合板の残量はこれだけ。
結構歩留まりよく作業して、5枚も余ってしまった。何か作れそうですね。

RIMG2063.JPG
午後からは、ウインチを使って合板を天窓の上に移動し

RIMG2064.JPG
慎重に,すべりおろして位置決めする。

RIMG2066.JPG
これで天窓の周囲の造作は終了です。

RIMG2067.JPG
本日中の合板張り完成を目指しましたが
残念ながら最近は日暮れが早くなり、もう少しというところで、日没です。(PM6:30)

心残りですが、続けると撤収、防雨シート架け作業が危険になるので今日はこれにて一旦終了にします。


今日の記事のご感想はいかがでしたか

nice!(17)  コメント(8) 
共通テーマ:住宅

発砲ウレタン充填(雪割り小屋) [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

RIMG2022.JPG
久々の、雨模様で終日屋根には上れなかったが、疲れ切った体をゆっくり休めることが出来ました。
今日は傘マークが消えたので、煙突雪割周辺の合板取り付けを完成させたいと思います。

煙突に付属の雪割の裾部分は、緩やかにカーブしているので、通気合板との接合が難しい。
防水を重視すると接合部には釘やネジは使えないし、そのままではぶかぶかして、コーキングが切れてしまうので、三角形の隙間部分に発砲ウレタンを充填して対応することにします。

RIMG2032.JPG
西側スカート部分の合板切り出し、接合成功!

RIMG2040.JPG
東側スカート部にも合板を上手く接合できたので、合板をステンレスのコーススレッドでプラスチック土台に固定して発泡ウレタンを充填するための下準備をします。

RIMG2028.JPG
プラスチック土台にスポンジの隙間テープを貼り付け、コーススレッドを打つ位置に墨を含ませる。
また、充填した発泡ウレタンが流れて通気層を塞がないように、隙間テープでダムを作る。

RIMG2034.JPG
上から合板を載せて圧力をかけて、プラスチック土台の位置を写し取り、ドリルでパイロットホールを空ける。

RIMG2037.JPG
パイロットホールを使って、ステンレス・コーススレッドで合板をプラスチック土台に固定する。

RIMG2041.JPG
接合部周辺にギムネで穴を沢山開けて

RIMG2043.JPG
穴から空洞部にウレタン発泡剤を注入していく

発砲ウレタンは適量を充填するのが難しい
少ないと隙間が埋まらないし、多すぎると発泡圧力で外皮が膨らんで変形してしまう。

結局ちびちびと様子を見ながら注入していくことになる。

RIMG2044.JPG
接合部からの泡の噴出がほとんどなく余計な隙間はなさそうです。
泡が収まって固まったら

RIMG2046.JPG
スクレーパーでかき取って、ウレタンの充填作業は終了です。

踏んでみると、接合部はしっかり固定されていてたわむことがまったくなくなっています。

期待以上の成果です。
nice!(16)  コメント(12) 
共通テーマ:住宅