So-net無料ブログ作成

通気ダクトの屋根を作る [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

オークリッジ・シングル材を張り終えたので、最後の仕上げ、通気ダクトを完成させていきます。

RIMG2292.JPG
ダクトスペーサーを止めている左右のコーススレッドを抜いていきます。

RIMG2294.JPG
スペーサー中央底部の固定ねじを抜いて

RIMG2296.JPG
ダクトスペーサーを上方に引き抜いていきます。

RIMG2302.JPG
すべて引き抜いたら

RIMG2303.JPG
タイベックシート上のねじ穴をコーキングして塞いでやります。

RIMG2301.JPG
雨降りの日に作っておいたダクト部材を搬入して

RIMG2304.JPG
ダクトに蓋をしていく

RIMG2308.JPG
棟木を取り付け

RIMG2314.JPG
ダクトに小屋根を乗せていく

RIMG2316.JPG
その上からガルバの棟キャップを仮付けしたところで今日の作業は時間切れです。
ようやく、ブルーシートが不要になりました。

次は引き続き、ダクトの壁に水切り金具を取り付けていきます。


nice!(19)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

天窓の周囲にシングル屋根材を張る [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

RIMG2240.JPG
天気雨の合間を縫って、ようやく天窓の下までオークリッジ・シングル材を張り上がってきました。
これから雨仕舞いに気をつけながら天窓の水切り金具の周囲にシングルを張り込んでいくことにします。

RIMG2242.JPG
金具の下にシングル材を挿入します。

RIMG2245.JPG
左右からシングル材を挿入、釘で固定して根元をコーキングして、

RIMG2247.JPG
水切り金具の接合部にコーキングして、吊り子で金具を固定する。

RIMG2246.JPG
上枠カバーのかしめ部分にU字ゴムを被せて、

RIMG2248.JPG
上から立ち上げ金具を巻き込んでかしめて一体化する。

RIMG2251.JPG
天窓の両側の雨樋は2cmの深さがあるので、通気部材で段差を埋めて、シングル材の受け材にします。

RIMG2252.JPG
コーキング材で部材を接着、固定する。

RIMG2255.JPG
この段からシングル材は、水きり金具の上に乗せて接着張りしていきます。

RIMG2256.JPG
上枠のコーナー部は接着面が少なくて、塞ぐのが難しかったが

RIMG2261.JPG
何とか敷き込みできました。

RIMG2258.JPG
天窓の東側の敷き込み終了

RIMG2259.JPG
反対側も同様に張り進み

RIMG2263.JPG
天窓周囲のシングル材を張り終えました。

RIMG2266.JPG
その後夕方まで頑張ってここまで来ました。(9/22)
天候がよければ、明日の秋分の日に、長かったシングル張り作業は終了です。

RIMG2282.JPG

RIMG2283.JPG

RIMG2276.JPG
ついに張り終えた屋根に虹がかかりました。(9/23)


nice!(19)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

けらば金具取り付け [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

RIMG2216.JPG

RIMG2212.JPG
すでに取り付けられているケラバトップの北側金具に東側金具をポップリベットで合体して取り付ける。

RIMG2213.JPG
北側ケラバ金具は下から上に接続していきましたが、東側金具は逆に上から下に接続していきます。

RIMG2214.JPG
当て木をして、叩き込むように押し上げて挿入していく

RIMG2218.JPG
最後にケラバエンドの金具を取り付けたらケラバ金具の取り付けは完了

RIMG2220.JPG
早速、シングル屋根材の張り込みを再開します。

RIMG2226.JPG

RIMG2227.JPG
なんとかここまで張り上げました。

いよいよ最後の関門、天窓周辺のシングル張りにかかります。
nice!(18)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

天窓の水切り金具を再組み立て [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

天窓撤去作業の際も水切り金具は再利用するつもりだったので慎重に分解したのですが、最後は力業に近くなったので、アルミ製の金具はかなり変形してしまいました。

昨日は一日中雨で屋根上の作業ができなかったので、この機会に天窓の水きり金具をじっくり矯正して、ヒートガンで炙ってブチルの残滓を削ぎとっておきました。

RIMG2197.JPG
空模様はまだ怪しいですが、陽がさしてきたので、今日は現場合わせで組み立てていくことにします。

RIMG2172.JPG
点検するとタディスの立ち上げ部分の接着が甘いので

RIMG2199.JPG
周囲をブチルテープで巻いて密着させて

RIMG2200.JPG
金具を窓枠に押し付けて矯正しながら仮組みしていく

RIMG2201.JPG
ところが、天窓上部の水切りの突起の高さがどういうわけか高すぎて、はぜをかしめることができない。
元の形に戻らないくらいに酷く歪めてしまったのだろうか~

RIMG2204.JPG
原因はよくわからないが、仕方ないので、現状に合わせてはぜの位置を作り変えて何とか収めることにします。

RIMG2205.JPG
実際シングルを張り込むと、シングルの重ね合わせの位置によっては水きり金具を手を加える必要も出てきそうなので、天窓の水きり金具はシングルを張るまでコーキングをしないで、一応仮付けのまま取り付けておくことにして、この作業は一端終了にします。

上方向にシングルを張り上げるには,けらば金具の取り付けが必用になりますが、けらば金具を取り付けてしまうと防雨のブルーシートを固定できなくなるので、その前にタディスを張り残してあった作業スペースもすべてタディスを張って雨対策をしておくことにします。

RIMG2207.JPG
ぽちぽちと雨が降りはじめましたが、間一髪、タディス張り完了です!

次は天候を見ながら、けらば金具取り付けの機会を狙います。


今日の記事のご感想はいかがですか
nice!(14)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ブチル・アルミテープ(アルミ屋根の防水) [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

屋根を半分ずつ完成せる方法を取ったので、これからは同じ作業の繰り返しで、そのままレポートしても退屈な話になりますので、初体験の作業に絞ってレポートしていくことにしようと思います。

RIMG2180.JPG
75mm幅のブチル接着アルミテープを使ってアルミ板で作られた雪割り小屋掛けの防水の仕上げをすることにします。

RIMG2113.JPG
タディスシートの立ち上げ部分が長期にわたって水密機能を維持できる保障はないので

RIMG2192.JPG

RIMG2193.JPG
上からブチルアルミテープを張って防水仕上げとします。
重ね張りできるので将来のメンテナンスも楽なはずです。

RIMG2184.JPG
密着力に自信を得たので煙突下部のタディス立ち上げ部分にも応用することにします。

RIMG2188.JPG
下地の形に密着させて水密を補強する。

RIMG2195.JPG
シングル屋根材をブチル・アルミテープの際まで張り込みます。

RIMG2196.JPG
際の部分をコーキング剤で埋めると防水完成です。


今日に記事のご感想はいかがですか
nice!(22)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー