So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

天窓に開閉式防雪カバーを取り付ける(3) [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

RIMG2529.JPG
組み立てが終わった防雪カバーをウインチで屋根上に吊り上げる

RIMG2534.JPG
鉄板でラッピングした防雪カバーは結構な重量になってしまったので、引きずってシングル屋根材を傷つけないように気をつけ、慎重に運びあげて天窓にかぶせます。

RIMG2536.JPG
積雪期を除いて、蓋を開いたまま使用することにしたので、蓋は雨がたまらない形状にしました。

RIMG2541.JPG
冬期間は、蓋を閉じて積雪に対応します。
(発注したラッチが届くまで、雪止めのアイボルトにロープを通して抑えておくことにします)


防雪カバーの取り付けが終わったので、不要になったウインチタワーを撤去することにします。

RIMG2544.JPG
タワーを止めていた支持ロープを外し、ワイヤーを徐々に緩めてタワーをゆっくり横に倒していく

RIMG2550.JPG
ほぼ水平のなった状態で脚立で受けて、レンチを使って解体する。

RIMG2551.JPG
6か月そびえていたタワーが急になくなって、すっきりしたような、物足りないような妙な気分です。

それにしても、若いころならともかく、この歳になってからの高所作業で怪我無く、事故無く、猛暑の夏に耐えてよれよれになりながらも、よく年内に完成させたものだと思う。

自分で自分を褒めてあげたい気分です。

で、ご褒美は何にしようかな~(笑)
nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:住宅

天窓に開閉式の防雪カバーを作る(2) [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

RIMG2498.JPG
板金作業で、端から6cm程度までの折板はつかみ箸で折り曲げることができますが

RIMG2501.JPG
それ以上は(折板機がないので)タガネを使って曲げます。

RIMG2502.JPG
ようやく、カバーの水切り付き外枠が成型できました。

RIMG2504.JPG
これで、蓋の枠材のアルミラッピングは完了です。

RIMG2514.JPG
ステンレス丁番の位置を慎重に位置決めして取り付ける。

RIMG2517.JPG
上手く収まりました!
水切りが接触する部分を調整して取り付け完了。

次は蓋の表にガルバリューム鋼板を張る作業です。

RIMG2526.JPG
RIMG2525.JPG
蓋表面は期待以上に完璧な仕上がりになり大満足です!
nice!(11)  コメント(10) 
共通テーマ:住宅

天窓に開閉式の防雪カバーを作る(1) [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

RIMG2424.JPG
無落雪屋根は冬期間に雪が積もり放題になるので、用心のため天窓の防雪カバーを作り直すことにします。

CA394027.JPG
数年毎に塗り替えていましたが
RIMG2475.JPG
(before)ついに朽ちてこの状態です。

頑丈にせざるを得ない防雪カバーは重量もあり、その脱着には、結構な力を要するので
今度作る新カバーは、それらを改善して、開閉式にすることにします。

RIMG2462.JPG
枠材は防腐のためのアルミ屋根の廃材でラッピングしてから組み立てる。

RIMG2480.JPG
横枠にもアルミ材をラッピングしたら、土台の枠部分は完成です。

RIMG2484.JPG
次は開閉式の蓋を作成します。

RIMG2489.JPG
余った15mm屋根合板にトタン板を内張りしたら

RIMG2490.JPG
サブタンクを持ってきて

RIMG2494.JPG
エアー・タッカーを使って、ステンレスのステープルで止めていきます。

RIMG2495.JPG
内張り完成です。今日はここまで

次は、蓋部分の枠材にもアルミ材でラッピングしていくことにします。


nice!(10)  コメント(10) 
共通テーマ:住宅

トップライトの立ち上げ部分にアルミ板を張る [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

RIMG1827.JPG

RIMG2338.JPG
(before)
トップライトの立ち上げ部分は、粘着アスシート(タディス・セルフ)で防水しましたが、このままでは長期的な耐久性が期待できないのでトップと同じ材質のアルミ板のカバーを取り付けて電蝕を防ぎながら、耐候性を高めることにしました。


RIMG2419.JPG
(after)
アルミ板は、今回撤去したアルミの屋根材を加工して再利用しました。


RIMG2420.JPG
下部コーナーのかしめ部分

RIMG2421.JPG
上部コーナーのかしめ部分

RIMG2411.JPG
廃品とは思えないくらいにうまい具合にカバーリングできました。

これからは積雪期も安心して過ごせます。

今回は作業結果報告となりました。
(製作過程をとった画像が高密度過ぎて使えなかったもので・・・)

nice!(22)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダクトトップを作るー3 (完結編) [有勾配無落雪屋根を独力で施工する]

CA390820.JPG
排気フードの位置決めができたので、ダクトトップのカバーにフードの穴を開ける。

CA390825.JPG
続いて防虫通気部材をカバーの内側に接着する。

CA390830.JPG
部材の取り付けが終わったので、トップカバーの屋根を取り付けます。
はみ出した部分をカンナで面一に均したらトップカバーの木部は完成です。

CA390832.JPG
防腐剤(エコウッドトリートメントをたっぷり染み込ませて、その上からガルバの鉄板を張ることにします。

CA390835.JPG
ガルバリューム鋼板にダクトトップカバーの形状を転写して、板金の展開図を作成する。

PAP_0029.JPG
ガルバ鋼板に排気フードの穴を開けて

PAP_0019.JPG
正面のお面にガルバリューム鋼板を取り付ける。

PAP_0018.JPG
胴体部分のガルバリュ-ム鋼板を加工して

PAP_0026.JPG
側板、屋根を海苔巻き状態にラップして仮止めする。

CA390838.JPG
要所をステンレス釘で止めたら板金作業は終了

CA390843.JPG

CA390844.JPG
トップを脱着式にするために、ボルト穴を開ける。

CA390846.JPG
ダクトに棟キャップを取り付け、雨返しを作り

CA390851.JPG
完成したダクトトップカバーを載せて固定すると通気ダクト工事はすべて完了です。
CA390852.JPG
屋根に載せ、見上げた感じ!

期待していたほどインパクトは無いけど、かえって控えめで良かったかもね

あとは、軒天に通気取入れ口を設けることを残すだけとなりましたが
必死のラストスパートがたたってとにかく疲れました。

このままでも越冬が可能なので、本年中の屋根工事は、これにて一旦終了にしたいと思います。

6か月にわたり、激励、応援いただき本当にありがとうございました。


nice!(23)  コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -